このたび、私、おかまりは
アドラー心理学のSMILE講座
(愛と勇気づけの親子関係セミナー)を開講します

 

SMILE
(Seminar of Mother(Father)-child Interaction with Love and Encouragement)は日本語では「愛と勇気づけの親子関係セミナー」という意味です。
SMILEはアドラー心理学を基礎に、
相互信頼を築くことのできるコミュニケーション法を学んだり
親と子の対応の仕方についてプログラム化したものです。
SMILEは、親と子に限らず、職場、友人、嫁姑、隣人、等々、あらゆる対人関係に応用できる内容になっています。

アドラー心理学とは
精神科医アルフレッド・アドラー(1870~1937)が
当時の非行少年や親子問題の治療を中心に確立した理論がアドラー心理学です。
アドラーは1920年に世界初の児童相談所を設立したことでも知られています。
「人間のすべての行動には目的があり相手役がいる」
というのが代表的な理論です。
様々な問題をどこから(原因)ではなくどこへ(目的)と捉えることで
解決の糸口を見つけていこうとするものです。

 


  
あなたは子どもにこう言ったことはありませんか?
「どうして~しないの?」
「もう○年生でしょ!」
「何度言えばわかるの」
「早くしなさい」

子どもの心は・・・
親の気持ちは・・・
親と子どもの気持ちのズレが生じています

 

親はまさか子どもが傷ついているとは思っていません。
子どものことをよく考えているつもりなのです。
私たちが親子関係、その他の人間関係でトラブルが起こるのは、

このズレがあるからなのです。
このズレを戻すためには、お互いにどうすればいいのでしょうか?

ズレを戻すためには
親が先に子どもを理解する態度を身につけます。
対人関係においても自分のことを判らせる前に、相手を理解しようとします。


 SMILEはこんな方におすすめです
 子育てにイライラしている毎日から抜け出したい
 子どもに対して感情的になってしまうのをやめたい
 子どもの困った行動に対応する具体的方法を知りたい
 自信をもってイキイキ子育てをしたい
 子育ての不安を軽くしたい
 相手にきちんと気持ちを伝えたい
 わが子にあう子育てを知りたい
 良好な人間関係を築きたい
 家族・友人とより良い関係をもちたい
 親として自信を持ち、軸をもった子育てをしたい
  
 SMILEの1章から8章の内容

120分を1章とする
全8章から構成されています

SMILE講座は、テキストを使って学びます


1章、 子どもの行動を理解しよう。
2章、 聴き上手になろう。
3章、 子どもを勇気づけよう。
4章、 誰の課題でしょう。
5章、 子どもを傷つけないで意見を伝えよう。
6章、 体験を通じて学ぶ機会を与えよう。
7章、 新しい家族のあり方。
8章、 社会性のある子どもに育てよう。
 


 SMILEは参加者皆さんと一緒に
話し合い実習しながら、親として子どもが
自信をもって生きていけるように対応する術を学んでいきます
体感しながら学んでいくことができるので
ご自宅でも実践しやすいです

 

1章ごとに宿題(課題)が出ます。

その日に習ったことを生活の場で試していただくことで   

なぜSMILEの内容が有効なのかを実感することが出来ます。  


 研修の進め方
(1) 参加者4名~10名のグループ編成で行います
(2) 参加者みなさんと一緒に話し合い,実習をしながら親として
  子どもが自信をもって生きていけるように対応するテクニックを学んでいきます。
(3) 参加者全員の発言を大切にします。
(4) リーダーが一方的に知識を押し付けるのではなく、
  テキストをもとに参加者全員が討議してすすめます。
(5) SMILEは全部で8章から作られています。
  週1回に1章ずつ進み全8週間が基本としています
  (忙しい方のために4日間のコースで開催することもあります)。
  1章ごとに宿題(課題)が出ます。その日に習ったことを生活の場で試していただくことで   なぜSMILEの内容が有効なのかを実感することが出来ます。